Press Release

音楽、野球、アイススケート、ゲームとエンタメ勢ぞろい! 「2015年7月:熱い!ライブ指数ランキング」を発表

音楽、野球、アイススケート、ゲームとエンタメ勢揃い!
「2015年7月:熱い!ライブ指数ランキング」を発表

 興行チケットの二次流通サービス「チケットストリート」(http://ticket.st/)を運営するチケットストリート株式会社(東京都品川区:代表取締役 西山 圭、以下、チケットストリート)は、「2015年7月:熱い!ライブ指数ランキング」(※1)を発表いたします(別紙1)。

 ※1 「熱い!ライブ指数ランキング」算出方法
「熱い!ライブ指数」は、チケットストリートが2014年12月より発表を開始した、ライブ・エンタテインメントにおける熱狂度を表す指数です。7/1~7/31の間に開催された総観客動員数約1万人以上の公演を対象として、「動員数」「2次流通における取引状況」などの要素を元に算出しています。


●列車に巨大樹木に…勢いが止まらないセカオワ・ワールド
 「今最もチケットが取りづらい」とも言われている国民的人気バンド、SEKAI NO OWARI。7月18日・19日に日産スタジアムで開催されたワンマンライブ、「Twilight City」は2日間で約14万人を動員。ステージに設営された高さ40メートルにもなる巨大樹木のセットをはじめ、今回も豪華演出でファンを魅了した。また、全国ツアーの決行も発表され、ますますファンの期待を高めるセカイノオワリに注目だ。
●韓流フェスSMTOWN、国民的人気バンドを制す
 セカオワを制し1位に輝いたのは、韓国の大手事務所S.M.ENTERTAINMENTに所属するアーティストが一同に集う「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition」。BoA、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、EXOといった人気アーティストそれぞれのパフォーマンスを堪能できるのはもちろん、スペシャルコラボが見られるのが最大の特徴。それゆえチケットはすさまじい争奪戦を見せた。特に東方神起はユンホの7月入隊のニュースが届き、「2人揃って出るのか?」「チャンミンも出ないのでは?」という憶測がファンの間で飛び交った。結果、チャンミンのソロ出場とはなったものの、他グループメンバーとのコラボレーションで大活躍を見せた。
●3カ月連続トップ3!三代目JSBの攻勢は続く
 9月2日にリリースするニューシングル「Unfair World」では、ダンス・CGを封印したMVを公開して話題になっている三代目J Soul Brothers。5月からスタートした「LIVE TOUR 2015 BLUE PLANET」は5月から3か月連続でトップ3にランクイン。惜しくも前月の1位からはランクダウンしたものの、その人気っぷりは継続。今後も10月にはボーカル・登坂広臣の初となるフォトエッセイの発売が控えているなど、次々に話題を提供し続ける彼らの挑戦に目が離せない。
「プロデューサーさん、ドームですよ、ドーム!」
 アイドルマスターの10周年記念ライブ「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」は7月18日・19日の2日間、西武ドームで開催された。アイマスは、オリジナルの「アイドルマスター」に加え、TVアニメ放映中の「シンデレラガールズ」、全国ライブツアーが発表された「ミリオンライブ」、男性アイドルが活躍する「SideM」と、下は高校生から上はアラフォー世代まで総勢100名以上の声優が起用されるという前例のない規模に発展している。TVアニメ、新作ゲーム、ライブツアー、新作CDなど、アイマスワールドの活躍の幅はさらに広がりそうだ。
●堂本光一、一流のパフォーマンスにファン熱狂
 主演舞台「Endless SHOCK」の座長として多忙を極めるものの、その合間を縫って開催されたソロライブツアー。今回は4枚目のソロアルバム「Spiral」を引っさげた、豪華な振り付けのダンスに力をいれた内容だ。特に世界的日本人ダンサー、ケント・モリが振り付けを担当した「SHOCK!」はファンの間で大絶賛を受けた。ライブではファンに対し、後輩であるHey!Say!JUMPのファンに勝つには声量が2トーン低い、と愛のある毒を吐いたと言われる堂本光一。今回のランキングではHey!Say!JUMPに約2倍の差をつけ上位にランクインした。
●夏の風物詩、a-nationに湘南乃風が夏をアツくする
 前月のランキング同様に今回もランクインしているB'zやミスチル、ONE OK ROCKなどとは対照的に今回ランクインしたのが、夏の風物詩とも言えるa-nation islandに湘南乃風。「a-nation island PKCZ(R)presents OTO_MATSURI 2015」は今年で4回目を迎えるVERBALプロデュースのライブイベントだ。また湘南乃風は新曲「晴ル矢」を引っさげ、全国を絶賛晴天化中。次回、果たして夏の王者となるのはどのアーティストか? 8月のランキングにも注目したい。

hr201507

【指数の利用について】
本指数については、「出典:チケットストリート http://ticket.st/」のクレジットを表記いただければ、ご自由に引用・利用していただくことができます。

 「チケットストリート」はファンの方々とともに、ライブ・エンタテインメントがより身近な存在になるよう市場の拡大と普及に貢献をしていきます。

■「チケットストリート」サービスについて
s_ticketstreet
 http://ticket.st/
 ライブ・エンタテインメント、スポーツ等のチケットの流通拡大を目指す、総合流通プラットフォームです。チケット2次流通サービスとして日本初の「主催者公認」を受け、チケット仲介の世界最大手「スタブハブ」の日本における独占パートナーとなっています。
 全てのチケットに「配送保証」を提供、チケット不達の場合は支払額を全額返金するほか、「安心プラス」オプションでは、公演中止の際の返金を補償いたします。
 チケットストリートは、「ライブ・エンタテインメントの感動を、すべての人へ」をキャッチフレーズに、健全な興行チケット流通モデルの構築を通して、ライブ・エンタテインメント市場の拡大と普及に貢献してまいります。
 
■チケットストリート株式会社 概要
代表取締役: 西山 圭
設立: 2011年8月
所在地: 東京都品川区西五反田2-27-4 明治安田生命五反田ビル5F
古物商許可番号: 東京都公安委員会 第302171104982号

【本リリースに関するお問い合わせ先】
チケットストリート株式会社 広報担当:清水
Email: pr@ticketstreet.jp
TEL: 03-5759-2540